ベジセーフが怪しい?このワードに見る真相とは?

ベジセーフが怪しいのワードの意味は?ベジセーフが怪しいというワードの真実が知りたい。

農薬から食中毒菌まで

ベジセーフは野菜洗いの洗剤ではなく専用水という意味を見ていこうと思う。

 

ベジセーフは99.9%が純水のアルカリ性イオン水である。


よって洗剤の力で農薬やワックスを落とすのではなくイオンの力で汚れに浸透し、はがし落とすというのが基本的な仕組みである。

 

アルカリ性の水といっても変な物質が入っているわけではなく、ベジセーフのアルカリ性は炭酸カリウムである。これは、豆腐やこんにゃく、麺などの冠水など日常的に、使われている安全な添加物であるので小さい子供がさわっても安全なのだ。

 

また、このPHのおかげでO-157サルモネラ菌や、大腸菌などの食中毒菌やウィルスは

死滅させることもできることから、殺菌効果も万全というわけなのである。

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ

使い方は様々

使い方は極めて簡単である。

 

まず野菜や果物に直接スプレーする。

農薬やワックスが特に気になるような野菜には、そのまま1分くらい放置しておくとより効果的だ。

次にスプレーした野菜や果物の表面を軽くなで、最後に水道水で流せば終わりである。

 

米に使う場合は、米全体にスプレーしかき混ぜ汚れた水を捨てたのち、いつものように米をといで炊けばよい。


ベジセーフは除菌効果においてもすぐれでいるので、子供のおもちゃや身の回りのものにスプレーし軽く拭けばよい。洗剤ではないので二度拭きする必要もない。

 

アトマイザーなどに入れて持ち歩けば外出時の殺菌、手の消毒にも使えるので安心である。

 

ベジセーフは成分が水という性質上、様々なシチュエーションで活躍が可能なのである。

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ

広告を非表示にする